スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGY

みなさ~ん

長いことアップしてなくてごめんなさい。

今年もあと残りわずか。。。

日本は忙しい中、選挙があったりバタバタでしたね。
来年こそ良い年に!なんて思ってる方多いですよね~。

そこでGOOD NEWS!

2013年1月2日(水)夜11時(日本時間)から
FM軽井沢で、mimi選曲によるラジオ番組があります。

番組タイトルは「AGY」

いつも私の「Elements」から「Wild Flower」を
プレイしてくれてるいい番組です!!!

しかも軽井沢に住んでなくっても大丈夫!
ここのサイトから世界中で聴けるんです。
もちろんL.Aからもです!

http://radioradio7.com/radio/japan-JOZZ4AL-FM-FM-Karuizawa-775-FM.html

Face Bookタンブラーでコメントもチェックしてくださいね。

http://on.fb.me/T6slQP

お正月3ヶ日の夜、私の選曲で良い一年になれますよ~に!(笑)

AGY.jpg
 

お宝!

ね・ね・ね!
お宝写真見せまーす。

mimi1976.jpg

これは昔やってた「スリーチアーズ」のヴォーカルの3人!
祐三・私・チカ

最近Facebookで友達になったアメリカ人が、昔このスリーチアーズを
1976年、米軍キャンプでの仕事に呼んでくれた人だったんです。
そして当時の懐かしい写真を送ってくれたんです。

私、若~~~~い!
なんか「スリーディグリーズ」みたいじゃない???
祐三も痩せてて、、、チカだけは音信不通で、
探してるんだけどいまだ連絡とれず。。。
懐かしいな~

お宝写真楽しんでね(笑)

久しぶりのグラディスナイト♪

アメリカのTVで「Dancing with the stars」という
番組があるんですが、この番組は「アメリカンアイドル」
と並ぶ大~~~人気なんです。

mimi51.jpg

色々な分野のスター達が、プロのダンサーとチームに
なり華麗なダンスを披露するという番組で、毎週2組が
落されていく真剣勝負の戦いなんです(笑)

今週はファイナルで、12週に渡り戦ってきたスター達が
全員集合!
2週間前に落とされた「グラディスナイト」も出演し、
ダンスを披露しました。

mimi52.jpg

そして最終発表の前に、スペシャルプレゼントで
「グラディスナイト」が「追憶」を唄いました♪
その唄声を聴いて昔の事を思い出しました!!!

昔、グッチ祐三・ウガンダ達と一緒に組んでいたバンド
「スリーチアーズ」を始めた時、ボーカルが3人いたので
当時ヒットしていた「グラディスナイト&ピップス」を
完全コピーしようと決めたんです。

そしてなんと「グラディスナイト」の日本公演があった時、
私達が前座することが決まったんです。
しかし同じ曲をするのはどうか?ということになり、
「グラディス」の曲は演奏しませんでした。

自分達の演奏が終わり、彼らのステージを観ていて
「グラディス」が「追憶」を唄った時、唄の上手さに
涙がポロポロ出てきて、、、
その上ミラーボールがホール中にグルグル回り、まるで
夢の世界に入り込んだような強烈な打撃を受けました。

そしてこのコンサートが終わった後、みんなが無口になり、、
「今後グラディスナイトの曲は絶対やらない!」と
メンバー全員で誓いました(笑)

今考えると笑い話ですが、20代初めの私達には
衝撃の出来事だったんですよー!
ほんと仲がいいバンドでした♪

mimi53.jpg

先日「ドナ・サマー」が亡くなり、私の時代の
レジェンド達が次々消えてしまうけど
私の頭の中では何時までも最高のシンガー達です♪

クワイヤー

知り合いの子供ちゃんが高校のクワイヤーに
入ってて、アメリカでコンテストに出るので
観に来て!と電話がありました。

彼は日本ではセントメリーに通ってるので、
アメリカでも生活が出来る子なんです。
最後に会ったのは3,4年位前だったけど、
今回電話で話したら英語のほうが自然なんだそうです。
子供は頭が柔軟で覚えが早いよね~、
羨ましい!

そして朝早く観に行きました!!!
私が知ってるクワイヤーは黒人ばかりなので、
どんな感じなのかな?と興味深々!
でも唄に集中力もあり、エネルギーもあり、
とっても良かったです。

1.jpg

彼らの唄が終わりディズニーで指導されている
男の方がミニ指導をしたのだけど、それが素晴らしい♪

「始まりをもっと小さくし、曲にダイナミクスを付けて!」
などなど短い時間に端的な指導、しかも彼のチョッと唄う
声が素晴らしい♪
やっぱ一流は違うわ~~~~!
2.jpg

大体日本人のライブミュージシャンは初めから
音が大きく&飛ばし過ぎ。
私も日本にいた時は負けまいと思い唄ってたけど(笑)
これじゃあ繊細な唄&音は出せないよ―― と
アメリカに来てから勉強しました。

まだまだ修行中の私です!

WHITNEY HOUSTON

長いことアップしなくてごめんなさーい、、、

体の具合が悪いでもなく、ただ筆不精で
ブログから遠ざかっていました。。

そして久しぶりのブログには、
心をこめてホイットニーのことを書きます。

whitney 0

亡くなった事、ホントにショックです。
しかも病気ではなく「薬&アルコール」のミックスが原因なんて・・・

近年は声も出なくなり、良いうわさが一つもなかったホイットニーですが
誰にも真似の出来ないファッショナブルさ、血筋の良さ、曲の素晴らしさ、
そして何より声が大好きでした。

アメリカの有名シンガーでさえ、彼女の歌をお手本にしていた人が
多々います。

勿論私もです♪

この数年はスターゴシップ雑誌でも、彼女のトラブルぶりが何冊も
表紙になってました。
2年位前には人気TVトーク番組に出演し、クリーンな生活を
していると話しその後ドラッグを止めてなかったと批判され、
大騒動になった事もありました。

w1.jpg

そして2月18日に彼女が子供の頃から通っている教会で葬儀があり、
TV放送がされました。

スティビー・ワンダー、アリシャ・キーズ、R・ケリー、BB CCワイナンズ、
その他大勢のゴスペルシンガー達は唄で見送り、ケビン・コスナ―や
彼女を育てたクライブ・デイビスは思い出話を披露しました。

誰もが彼女が歩んできた道のりをリスペクトし、愛し、素晴らしいシンガー
だった事を讃える素晴らしいスピーチでした。

w2.jpg
w3.jpg

最後に「I will always love you」の曲が流れ、
棺が担がれて教会から出てきました。
とっても感動的なエンディングで、涙が止まりませんでした。

w4.jpg

ホイットニーは存在しなくなったけど、
私の心には何時も生きています♪

I ALWAYS LOVE WHITNEY♪

         合掌

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。