スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は化粧品の話から☆

最近、私のお気に入りMACコスメティックが、
ハローキティのコラボ物を出したんです。
リップ、チーク、コンパクト、そしてトートバッグや
人形まであります。
猫好きの私はカワイ?ィと思うけど、
どうして今頃ハローキティ?と思います。
でもMACラバーの間では話題なんですよ。
buyma kitty
そう言えば、ず?い分前の事になりますが
マライヤ・ケリーが日本に来た時、仔猫を買って帰ったそうですね。
そしてマライヤの部屋はハローキティ・グッズでいっぱいだとか聞きました。

ここでチョッと英語講座?
日本語で書くと「ハローキティ」だけど
英語だと「Hello Kitty」。
そして発音は「へロキリー」が一番近いんです。
初めて聞いた時は「腹きり」だと思いました(笑)

チョッと日本語英語を書いてみますね。
大型マーケットの「コストコ・Costoco」、これは英語では「コスコ」。
家具屋の「イケア・IKEA」は英語では「アイケア」など等。

「マクドナルド」は英語では「マック・ダノールズ・McDonald's」
私が連れてゆくアメリカ人のミュージシャン達は、
この日本語「マクドナルド」が上手く言えないんです。
まるで早口言葉が出来ない感じで、ベロベロしながら言ってます(笑)

「腹きり」?は永遠のアイドルなんでしょうか?



スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こんにちは。

日本人の英語って、やっぱりカタカナ英語ですよね。

単語のスペルをそのまま読むように発音するから。

80年代に「Best hit USA」の番組を見ていて、『マイケル・マクドナルド』が、どうしても『マイコー・マクダルノー』にしか聞こえなくて・・・。

いまだに、僕にとっては『マクダルノー』ですが!

そういえば、プロゴルファーの青木功さん、現在は「アオキ」だと思いますが、アメリカで活躍始めた当初は『エイオキ』と紹介されていたように記憶してます。

面白いですね!

*************

Takayuki

コメントありがとう!

名前で思い出しました!
東京音楽祭で外国審査員賞を取った時
私の名前をアメリカの女優さんが読み上げてくれたんですが
「ミヤモト」を「マイヤモト」と言ったんです。 
あれ???だれ???って感じでした。

でも、今は慣れました。
私の名前は「マイヤモト ノリコ」です。(笑)

*************

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。