スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mimi's daiary

先週のことになりますが、アカデミー賞がハリウッドで行われましたよね。
余談ですが、アメリカって所はこの時期ノミネート物が多い国です(笑)
そのアカデミーの外国部門で「おくりびと」がオスカー獲りました!
この映画は12月に日本へ行く機内でラッキーにも観ていて、
「面白いな?」と思ってたので何だか凄く嬉しかったです★

そして、次の日のNHKニュース(LAでも観られるんですよ!)で
「おくりびと」を観る人達が映画館に殺到してる映像が流れていました。
アメリカの話題でも、結構みんな観てるんだな?と感心しました。

そう言えば、むか?し宮本典子時代に「韓国音楽祭」なるものに
日本代表としてエントリーしたことがあるんです。
日本の音楽祭とはノミネート国が少し違って、ナイジェリア、
アルゼンチン、ユーゴスラビア、ニュージーランドなどの国も入ってました。
ユニークでしょ?
☆ここれーっ笑い話☆
ノミネート順がナイジェリアの男性シンガーの次で、
並ぶ順番も彼の隣。
当時の社長曰く、色の黒い私は遠くから見ると
ナイジェリアシンガーの様だったみたいです!(笑)

音楽祭の次の日、韓国のデパートに買い物に行ったら
全員が私の事を知ってるんです!
「テレビ観た!観た!」と取り囲まれました。
これには驚き!!!
やっぱり何処の国も、何時の時代もテレビって影響あるんですね?。

物持ちがいい私はその時のパンフレット持ってるんです。
では、若き日の色黒mimiの写真お見せしま?す!(爆笑)
mimi 70s 400

スポンサーサイト

コメント

この頃のmimiちゃんの写真を見ると、「新宿Ruido」や「The Carnival」でライヴやってたのを思い出しちゃうネ。
1or2年前くらいに、フジテレビ721で、「夜のヒットスタジオ」の再放送をやっていて、『エピローグ』を歌うmimiチャンの姿を録画しちゃいましたv-266v-237

!Que Bonita!

「おくりびと」の話題は日本でもすごい事になっています。

死者を送り出す納棺師の話が海外の方から評価されるとは驚きでした。

どんな風に映ったのでしょうね?

興味ありますねー。

日本では当たり前?!の葬儀ですが、改めて思うとなんだか日本人として誇らしく思う私でした。

単純なので、ほとぼりがさめたら観てきます。

(笑)


キャーMiMiさん、キャワイイっ!

けれど…今とあまり変わらない!?

そんな気がします♪

いつでもカッコよくて可愛いMiMiさんは私の憧れです。

******************
takayuki

夜ヒット昔、出てましたね~。
あの番組に出演すると次の日にはレコードが売れる!って言われてたんですよ。
すごい番組に出てたんですね。
でも、すべて事務所が大きかったからなんです(笑)

コメントありがとう!

             mimi♪

******************

Jennyちゃん

私も「おくりびと」はアメリカ人に受けるとは思ってませんでした!
暗さ&笑いがいい感じですよ。
ほとぼりさめたら見に行ってください。

今と変わらないなんて、嬉しいお言葉もありがとう!
昔は毎日、日焼けしてたけど
今は黒人の中にいるので、そんな必死で焼いても追いつかないので止めてます(笑)

コメントありがとう☆

             mimi♪

*****************








お久しぶりです!「おくりびと」まだ見ていません。DVDに早くならないかな・・?私は時々司会もしてますが、以前葬儀の司会もしてました。ナレーションのためにその方の人生をお聞きするのですが、人生観が変わりました。そして、死ぬことが怖くなくなりました。死ぬ時に「私の人生、たのしかったぁ!ありがとう!」って言えるような人生を送りたいと心から思いました。日本のお葬式はとても丁寧です。死者に対して感謝がありますね。

追伸

コメントで「夜のヒットパレード」の録画をされたって方がいらっしゃいましたよね?私もmimiちゃんの「エピローグ」聞きたいです。どうしたら聞けますか?

***************

Chieさん

コメントありがとうございます!
お葬儀の司会もなさってた事、いい経験になりましたね。
人それぞれ、人生ありますよね。
母を6年前に亡くした私は、それ以来死ぬ事は全然怖くないです。
いつか別の世界で、母に会えそうで!

「夜ヒット」ですが、Youtubuで「宮本典子」を検索すると出てきます。
見てくださいね☆

ありがとう!!!

              mimi♪

***************


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。