スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ

「サッカー好きか?」って聞かれたら、
「全然興味なし!」って答えてた私ですが、
日本がベスト16に入って「見直した!」って事が
大きな要因でのあるけど、サッカーが結構好きになった!!
負けてしまって残念だったけど良い試合だった。

私の住んでるL.Aでは午前10時から試合が始まったんですが、
日本では夜中の2時にも関わらず凄い応援だったとニュースで
やってました。
あんなに日本中が一つになるなんて素晴らしい!
皆様、夜中の応援お疲れ様でした。

サッカーはアメリカではあまり人気の無いスポーツだけど、
ワールドカップが開催されてから公園などでサッカーをしている
子供たちが目につくようになりました。
ほとんどはメキシカンの子供だったけどね(笑)

しかし私の大好きな相撲は(意外でしょ?)最近は問題ばかりで
困った事です。。。
夏場所は開催されることになったけど、相撲離れしちゃう人が
多くなるかもですね?。

実は、私が応援してた力士も「野球賭博」してたんですよ。
“親孝行で良い子だ!”なんてアナウンスしてたから
ずーっと応援してたのに何てことでしょうプンプンッ
でもお相撲が始まるのを楽しみにしている私です♪

スポーツ万歳
スポンサーサイト

コメント

大相撲について

久しぶりにブログ更新されましたね。サッカーは私の趣味ではないので余りかかわらなかったですが、夜中でもスポーツバーやら駅前ではサポーターたちが大騒ぎしてましたね。
さて、大相撲の方ですが何で今頃といった感じです。まあ、国技と歌っていますが実際は日本人でない力士がなんと多いことか、柔道もそうでしたが。もうかれこれ30年も前ですが、私が現役(学生)のころからあちらの方とはかかわりあって、地方巡業なんかはすべて興業をしきってましたから、桟敷席なんかも取るのは茶屋を通して4~5倍の金額でチケットを裁いてましたよ。もう時効かな?若貴兄弟の活躍していたころまではそれでもよかった。それが理事選挙に出ることからおかしくなった感じです。関わりのあったものとしても今回の件は残念な結果になってしまいましたね。

☆~~~~~~☆~~~~~~☆

Norimichiさん

そんな事が昔からあったんですね~。
それにしても詳しい、もっと話を聞きたい!って感じです(笑)

正式に、TV中継は中止になってしまったので
LA時間・夜中12時から始まる相撲中継がなくなったので
夜更かしをしなくてよくなりましたが
楽しみにしてたので、寂しいです。。。

又、何か裏話があったら教えて下さいね。
コメントありがとうございましたv-238

mimi♪

☆~~~~~~☆~~~~~~☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。