スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんだ!これ?」

先日、清志朗さんがなくなりましたね?。
彼とは知り合いではないんですが、
一度だけ仕事が一緒になったことがあります。
私が “ひとつ年上”というカネボウのCMソングを
唄ってた時、夜中のTV番組で一緒でした。

彼らも当時、未だデビューしたてで 「何だ!これは?」と
思った覚えがあります。
長い間、自分の個性を貫き通し、一線で活躍してたのに
本当に惜しい方を亡くしました。
心から冥福をお祈りします (合掌)

そして 「なんだ!これは?」と思ったバンドがもう一つ。
“サザンオールスターズ”です(笑)
彼らを初めて見たのは、NHKのオーディション会場。

 ・・・ここでちょっと説明です
   NHKに出演するには、オーディションにパスしないと
   出られないんです。

そして、私がNHKオーディションを受けた時、
同じ会場にサザンがいたんです。
ハッキリ言って凄?く大きい音で雑音の様でした。(ごめんなさい、、)
サザンの結果は、落ちました。
でも、あの個性、そして同じように一線で活躍する彼らは凄い!!!
どうも私が 「なんだ!これ?」と思うミュージシャンは売れるみたい(笑)

さて、話はNHKオーデションに戻ります。
私はその時受かったんですが、実は2回目だったんです!!!(笑)
1回目にオーデションを受けたのは、それより2年位前。
その時はNHKバンドというのがいて、彼らの伴奏で
唄わないといけなかったんです。
それが嫌で、何時も一緒にプレイしてたギタリストを
連れて受けたんですが、見事落ちました。。。
あの時はNHKを恨みました???!

NHKに落ちた時の懐かしいアルバムジャケットを見て下さい。
mimi090523.jpg

人間落ち込むことがバネになりますよね
何事も進んで行きましょうね




スポンサーサイト

コメント

ふむふむ

どうも^^Mimiさん。
そうだったのか・・。

現在、部屋のお片づけ奮闘中の日々なんですが(笑)。
出てくる^^出てくる^^お宝の山(笑)。「宮本典子」名義のPRチラシとか・あの頃の紙媒体がぁ(爆)。よくもまぁ後生大事にとっていたと我ながらモノ捨てられない性分にいささか呆れておます><;。
生写真なんか!!若い!(笑)。いつか逢えたら見せて差し上げようぞっ!!(微笑)。

上記のお二方にもお逢いしてましたな・・。ごく普通に同窓生みたいな感覚で(爆)。レコ会社の宣伝マンの顔ぶれが浮かんできたり・・。皆、一生懸命だった。

>「なんだ!これ?」と思うミュージシャンは売れるみたい(笑)
*笑。私的には「なんだ!これ?」と思う作品かな・・。当時。

では、またね^^。

こんにちはv-237

昔のNHKって・・・・。

確か、アイドルの○○子チャンが、なかなかオーディションに合格できなくて、
○回目に合格したなんてことを聞いたことがあります。
(まだ、田舎の高校生の頃ですが)

NHKのうわさは、本当だったんですね!!!


ちなみに、サザンは去年、活動停止しています。


でも、懐かしいLPジャケットですね~!

しばらく見ていないけど。

次は「VIVID」
そして「RUSH」ねv-238

********************
MINAMIさん

そう昔の物って何か捨てられませんよね~。
私も芸能界・新人賞の時もらったメダルだとか盾だとか
今だ持ってます。
しかも日本から持ってきたんですよ、重いのに!(笑)

でも、私のチラシを持ってくれてるなんて嬉しい♪
機会があったら見たいです。

コメントありがとう!!!

              mimi♪

********************

takayuki!

そんなウワサがあるんですね。
何が基準だか分かりませんが、NHK受けが良い人が受かるような気がします。
私が落ちた時には、ハワイヤンのおばさまも受けてて
勿論、受かりました!

2回目に受けた時はカラオケOKになったので
受かる人が多かったような気がします。

今も有るのかな???

懐かしい時代ですね♪

コメントありがとう!

             mimi♪

***************







コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。