スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もスポーツの話題から!

前にも話したように私は学生時代、運動系の子だったので
スポーツが大好き!
アメリカで代表的なプロスポーツと言えば、殆んどのアメリカ人は
バスケットと答えます。
私もL.Aに来る前までは全然興味が無かったんですが、
今は大のレイカーズファン!
そしてレイカーズの試合には、セレブ達が沢山応援に来ます。
ジャック・ニコルソン、L.L.COOL J、、、
デンゼル・ワシントン(管理人のDJ HIYOCOの憧れ?)等など。
ニューヨーク・ニックスの試合には、映画監督のスパイク・リー。
ニュージャージー・ネッツの試合には、COでもあるJAY-Z & BEYONCE。
この前のレイカーズ&デトロイト・ピストンズのゲーム
の時は、アレサ・フランクリンが来てました。
aretha+001.jpg

ここでチョッと堅い話(笑)
アメリカでは表向きには差別が無くなったとはいえ、
黒人に対して未だ有るんですよ。
だからプロスポーツ選手や有名なエンターティナーになれば大出世!
オバマさんの様に大統領になるなんて、彼らにとっては
天と地が逆さになった様なもの。
良い人も沢山いるけど、どうしても悪い事をする方が目立ってしまう。
そして自分達が差別されてるって、いつもどこかで思ってる。
この前など、レストランに行って同じものを頼んだのに
エビの数が少ない!なんて言い出す黒人もいました(笑)
やっぱり被害妄想ですよね。

とはいうものの、私はやっぱりSOUL SINGER達が大好き!!!



スポンサーサイト

コメント

はい^^
mimiさんが運動系だったとはね(微笑)
バスケに関しては中学時代は部活!美術部と2つかましてました^^。45度のフリースローの確立が非常に高く(爆)その時の声援は覚えているっす(大笑)。
BSなるモノが表に出た時は本場のプロバスケ中継が観れるということで加入しました!

音楽的思い出のひとつに。有線時代は民法のFMが未だ無くて、DJ付きのSOULFM番組を制作したくて、コチラに在住の黒人男性を起用して3時間ノンストップの番組を作りました。
ON-AIRしたら・・・「シャベリがうるさい」って・・不評(爆)。巷の騒音に比べたら何処が?と内心口惜しい思いもしましたが(笑)。個人的には自己満足してました(微笑)。何より彼らを含む当時のスタッフと徹夜の作業が楽しかったから!!

**************

MINAMIさん
凄いバスケット・ファンだったって驚きました!
あれほどスピードがある球技ってないですよね。

北海道ってSoulファンがいっぱい居るんですよね~。
私としてはMINAMIさんのトライに大拍手です!!!
これからもチャンスがあったらSoulファンを広めてください。
おしゃべりな黒人を使わずに!(笑)

コメントありがとう☆
            mimi♪

**************

く、く、く…

こんにちは♪

すっかり日本は春を迎えましたよ。

L.A.はいかがですか?


乗り遅れのコメントでごめんなさい。

だって…L.L.cool Jの文字がmimiさんのブログから飛び込んで来たんですもの!

私、大好きなんです♪

一度、横浜のクラブでライブがあった時に一番前を陣取って観たことがあります。

最初の3曲くらいは嬉しくてずっと泣いてました。

(笑)

そんな彼が応援に!

私もレイカースに興味持つかもしれません!

(動機が不純でごめんなさい(笑))


黒人差別の話しですが、今でもあるんですね。

昔、「ルーツ」という映画を観て衝撃を受けたりしました。

バスの乗る位置だったり。

お手洗いだったり。

少し前までは黒人はプールには入れなかったんですよね?!

そう思うと、オリンピックや世界水泳なんかでは黒人の姿を見たことがないのに気付きました。

黒人が水泳界に進出したらすごいタイムがバンバンでちゃったり。

(笑)

そんな日が来ると楽しいですね。

私もmimiさんと同じく黒人のシンガーが好きです。

感覚も。

これからもきっとそれは変わることはないでしょう♪

****************

JENNYちゃん

レス遅くなりました...

LL.CoolJのファンだったんですね、知らなかった!
今の彼はあの「FUBU」の経営で青年実業家ですね。
そしてJAY-Zは「ROCCA WEAR」 ・ SNOOPは「SNOOP DOGG」
P-DIDDYは「SEAN JHON」の経営と黒人ラッパーはアパレルブームですよね。

これも昔の奴隷からの解放か(笑)
駄目,駄目差別しちゃいけない!

彼らの才能を応援しましょう★

コメントありがとう!
           mimi♪

**************


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。