スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRAMMY AWARDS 2011

2月13日、今年もグラミーに行って来ました!

場所はダウンタウン・ステイプルセンター、
近くの駐車場に車を止めて歩く事10分。
日頃履きなれないハイヒールで歩くのは辛い。。。

やっと会場に着きプログラムをゲット!

201.jpg

では、独断と偏見レポートを始めます。

オープニングは、癌で治療中の「アレサ・フランクリン」の
トリビュートで5人DIVA達がアレサの曲を唄います♪
ジャンルは違っても、一人ひとり個性的で良い!

202.jpg

そして痩せたアレサが「来年はグラミーに行きます!」などと
メッセージ。
女王さまーーーぁ!早く良くなって下さいね。

203.jpg

ビューンと飛ばして、色々出てきて、、、(笑)
去年亡くなった人たちの中に「ソロモン・バーク」が居るのだけど、
その彼の曲を「ミック・ジャガー」が熱唱♪
何を唄っても彼の物になってしまう事に感動です。

204.jpg

そして、今年の私の目玉は「バーバラ・ストライザント」
昔に観たバーバラ主演の“スター誕生”は、私の中で
ベスト3に入る映画。
グラミーでは、映画の中では死んだ筈の相手役「クリス・クリストファーソン」
が彼女を紹介。
オーバーラップして、なんか感動。。。生きてた?ぁ(笑)
そして映画のテーマソングを唄った♪
顔、全然変わってな???い!
声は昔の様な伸びは無かったけど、存在感だけで良い!
涙が滲む私でした。

205.jpg

番外編として「B'z」の松本孝弘・ラリーカールトン他、日本人数人が
受賞しましたが、いっぱいあるカテゴリーの一つで会場は違うし
アメリカではテレビ放送無し!
アメリカ国内では全然知られてない話題で、翌日に日本のネットを見て
知ったくらいです。
日本では大騒ぎの様ですね!
これで少しは日本の音楽シーンも良くなるのか???

そしてグラミー帰りの私、、、
足痛??ぃ!(笑)
又、来年♪

206.jpg



 
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。