スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ

私の時代は、遊びに行く所と言えばディスコだったり
飲みに行くとかだったけど(古いっ)、近年はカラオケ屋さんに
行く人が多いですよね?、しかも皆さん上手い!

そしてL.Aにもカラオケファンが一杯います。
年に数回、日系の方達が集まって大会を開くほどです。

そして以前のブログにも登場した私の生徒、
74歳「中村恭子」さんが最近大会に出ました!
派手!!!

mimi0407.jpg

そして話は日本に変わります。

私の親戚のお姉さんも大のカラオケ好き!
彼女はのど自慢・カラオケ大会に出ても
必ず賞を獲るくらい上手いんです。

そのお姉さんは東京・赤羽(地味...)のカラオケ屋にも
行くのですが、なんとそこでデビューする前の演歌歌手
「ジェロ」に会ってるんです。

あの顔であまりにも上手いから、「デビューしたら?」と
言ったそうです。大胆でしょ?(笑)

話によると、カラオケ屋のオーナーは「ジェロ」を
気に入ってお店でライブを開いたそうです。
今は大スターになった「ジェロ」だけど、そんな時代も
あったんですね。

そしてお姉さんのもっと凄いのが、60歳でデビューした
「秋元順子」さんとカラオケ友達なんです!
知ってる人が続々デビューして嬉しいやら悔しいやら..って
感じではないでしょうか?

その「秋元順子」さんもL.Aでコンサートをし、今度は
「ジェロ」もコンサートを開きます。

L.Aっていうとアメリカ!!!ってイメージが強いけれど、
ドッコイ!密かに日本人文化生きてます!
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。