スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレクション

日本に住んでいた時はスペインの焼き物が好きで
いっぱ?い集めていたんですが、L.Aに引っ越す時に
全てガレージセールに出してしまい手放しました。。。

最近は友達の影響で「オールド パイレックス」を
集めていましたが、ある程度集めたら熱が冷めました、、、トホホ

そのパイレックス以外に、アメリカではポピュラーな「バブルヘッド」を
少し集めました。
今日はそれを発表しま?す

先ずは野球シリーズ。
野茂☆イチロー☆小さめだけど松井☆原監督☆マリナーズ時代の佐々木☆
そして真ん中にある野茂のカードは1997年のドジャーズのスケジュール表。
野茂が表紙なんです!!!あの頃は凄かった

mimi11.jpg

そしてレイカーズ。
これは集めるのが大変だったんです。。。
「カールス ジュニア」というハンバーガーショップが、期間限定で
毎週1体づつ、お人形を出してたんです。
ハンバーガーを買うと、その人形が買えるので毎週食べました
あの時は少し太ったかも。。。根性で集めたコレクションです(笑)

mimi11b.jpg

最後は「バブルヘッド」ではないけど「ジミー・ヘンドリクス」そっくりの
人形です。
アンプもコードも本物そっくり周りにはシンガーもディスプレイ
チョッと素敵でしょ

mimi11a.jpg

又、面白い物があったら発表しますね。
スポンサーサイト

THIS IS IT !

「THIS IS IT」観てきました
先ずは一言、良かったです♪

いつもはお騒がせばかりが目立つマイケルですが、
彼の知らざれる一面を沢山見られました。

それでは箇条書きで挙げますね(笑)

1.先ずはダンサーのオーデション!
  初期のオーデションにも関わらず、熱心に立ち会ってました。
  プロデューサーの意見を聞きながらお気に入りのダンサーを選択。
  こんな段階から参加してたんだ?!と熱心なマイケルを垣間見ました。

2.バンドとのリハーサル!
  バンドリーダーに自分のイメージを詳しく、納得のいくまで伝えてた。
  実は以前、ホイットニーのバンドのドラムだった人から、
  彼女はリハには来ないで代わりのシンガーが歌い、本番の前に
  1回だけの音合わせだと聞きました。
  マイケルも映画的にその部分を使ったのかも知れないけど、
  ミュージシャンとしてのマイケルに驚きました!

3.最後にマイケルのコンサートの素晴らしさ!
  マイケルのコンサートは絶好調の時日本で観たんだけど、
  あれから既に20年位経っている。
  そんなにヒットもない今、(ごめんなさい。。。)どんなコンサートを
  するのかと思ったら、凄すぎ!!!
  スケールの大きさ!完璧さ!
  本当に観たかった

blog15.jpg


しかも50歳の男性とは思えない体型。
きっと陰でいっぱい努力してるんだろうな?。
生まれながらのエンターテイナー、マイケルに改めて感動しました 

もし、これから観に行く方がいたら一言
字幕スーパーが出ても帰っちゃいけません。
マイケルがまた出てきま?す(笑)

「KING OF POP」の最後、悲しいけれど素敵な感動をありがとう

MJ11-02.jpg

   

 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。