スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんだ!これ?」

先日、清志朗さんがなくなりましたね?。
彼とは知り合いではないんですが、
一度だけ仕事が一緒になったことがあります。
私が “ひとつ年上”というカネボウのCMソングを
唄ってた時、夜中のTV番組で一緒でした。

彼らも当時、未だデビューしたてで 「何だ!これは?」と
思った覚えがあります。
長い間、自分の個性を貫き通し、一線で活躍してたのに
本当に惜しい方を亡くしました。
心から冥福をお祈りします (合掌)

そして 「なんだ!これは?」と思ったバンドがもう一つ。
“サザンオールスターズ”です(笑)
彼らを初めて見たのは、NHKのオーディション会場。

 ・・・ここでちょっと説明です
   NHKに出演するには、オーディションにパスしないと
   出られないんです。

そして、私がNHKオーディションを受けた時、
同じ会場にサザンがいたんです。
ハッキリ言って凄?く大きい音で雑音の様でした。(ごめんなさい、、)
サザンの結果は、落ちました。
でも、あの個性、そして同じように一線で活躍する彼らは凄い!!!
どうも私が 「なんだ!これ?」と思うミュージシャンは売れるみたい(笑)

さて、話はNHKオーデションに戻ります。
私はその時受かったんですが、実は2回目だったんです!!!(笑)
1回目にオーデションを受けたのは、それより2年位前。
その時はNHKバンドというのがいて、彼らの伴奏で
唄わないといけなかったんです。
それが嫌で、何時も一緒にプレイしてたギタリストを
連れて受けたんですが、見事落ちました。。。
あの時はNHKを恨みました???!

NHKに落ちた時の懐かしいアルバムジャケットを見て下さい。
mimi090523.jpg

人間落ち込むことがバネになりますよね
何事も進んで行きましょうね




スポンサーサイト

ブリトー

皆さ?ん

前回のお約束、お気に入りのブリトーの
作り方をご紹介します。
写真だけならインフルエンザは付いてません(笑)

 1.必ず使う物はこれだけ。
  
 blo.jpg
左上→「Chulula」・・・日本ではタバスコが有名ですが、こちらの
     メキシカンは「Chulula」をよく使います。

上中央→「フラワー・ブリトー用トルティーア」・・・ブリトーには
       コーンとフラワー(小麦)があり、普通の場合は
       フラワーを使います。
       海外のメキシカンレストランに行くと
       「コーンですか?フラワーですか?」と聞かれる場合も
       あるので覚えててね。

右上→「Picanteソース」・・・いわゆるサルサソース、これが決めて。

左下→「Tortilla Tip」・・・これはお馴染みですよね。

右下→「ストリング・チーズ」・・・ピザ用より、もっと細切りです。

別写真→「ビーンズ」・・・写真に入れるのを忘れたので、My猫「ハナ」
        のオマケ付き(笑)画像でご紹介。
 blog 09

 2.トルティ?アをレンジで温めて、ご飯&ビーンズを
   乗せます。
blog10.jpg
 
 3.その上にチーズとソースをかける。
blog11.jpg

  4.手巻き寿司状態で巻き、
   チップ&ソースを添えて出来上がり
blog12.jpg


ブリトーはご飯が入るので、腹持ちも良いです。
これにソーダを飲んで、毎日食べるとメキシカンの様に太ります(笑)

でも知ってますか?
メキシカンは太っている方が魅力的だそうですよ。
世界の美人は色々ですね。

又次回をお楽しみに 
 

  


      

   

話題のメキシコ

皆さ?ん!
豚インフルエンザが世界中で流行ってますが、
いかがお過ごしですか?

発祥地はメキシコ!
きっとL.Aは怖いんだろうな?なんて思ってませんか?
そう、L.Aから車で2時間ちょっと南に走るとメキシコになるんですよ。
ボーダーがあって、ここを通り過ぎると「ティワナ」っていう
メキシコの町です。

実はここに初めて行った時、凄?くカルチャーショックでした、、、
ボーダーを過ぎて町まで歩いて行く道で、子供たちが
ガムやお菓子を売りに来たり、道端で下手な歌を歌って
お金を貰おうとするんです。
しかも子供がみんな同じ顔!どうして?
そして町が汚い!

これじゃあインフルエンザも出るな?って感じです。
メキシコ人曰く、ティワナはメキシコじゃない!
メキシコはもっと綺麗な国だと言います。
カンクーンっていう海辺の町は凄く綺麗だと評判ですが、
確かここに観光で行った人もインフルエンザの疑いが
あったような気がします。
恐ろしや。メキシコ!

そして、この国出身のミュージシャンがいます。
あのギタリスト「サンタナ」です。
以前、「ラリー・グラハム」が「サンタナ」のコンサートで
ゲストとして歌ったことがあり、一緒に
連れてってもらったことがあるんですよ。
大きな野外コンサート会場で、メキシコ人がいっぱい(当たり前)!
町のヒーロー「サンタナ」を崇拝してました。
あのパワーは凄かったな!!!
懐かしき“サンタナ&mimi”の写真を見て下さい(@_@;)
santana012.jpg

さて話は元に戻り、インフルエンザに変わります。
そんな訳でL.Aにはメキシコ人が沢山いるので、
今はメキシコマーケットなどに行くのは控えています。
そして大好きなメキシコの食べ物・ブリトーも食べてません。
次回はこのブリトーの作り方をお話しましょうね。

2話続けてのメキシコの話、楽しみにしててね




 | BLOG TOP | 

プロフィール

big soul sista' MIMI

Author:big soul sista' MIMI
本名、宮本典子。
パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。
ただし、シンガーとしてではなく。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。
mimiはMUGENでのティナ タナーのステージに魅了されシンガーになる。数年後、日本人だけのソウル グループ「スリー チアーズ」を結成、
ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるバンドは、MUGEN、米軍キャンプ、ディスコを中心に活動する。
その後、ジャズ・フュージョン・シンガーとしてジャズシーンにデビュー。鈴木勲とのコラボレートのアルバムも製作した。
後、スタジオワークを経て、歌謡界にデビュー、「エピローグ」、「ラスト・トレイン」をヒットさせるが
3年後、芸能界を辞め、ライブ中心の音楽活動に切り替えた。

90年、渡米を決意。 自分の歌を、パフォーマーとしての絶対的な力量で評価されるアメリカで試そうとしたからだ。
知り合ったグロリア・ジョーンズの元を訪れ、西海岸を活動の拠点としてキャリアを一から積み直し始める。
91年にミシシッピ・マスクワイアのソリストとして活動。
その後、リユニオンをプランしていたラリー・グラハム(元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベーシストでチョッパー・ベースのパイオニア)、
ジョージ ジョンソン(ブラザース ジョンソンのギタリスト)率いるグラハム・セントラル・ステーションのシンガーとしてバンドに参加。
全米ツアー/ワールド・ツアーに参加、92年には来日公演も実現し、mimiの名で凱旋した。
これと前後して、エディ・マーフィーのバンド(サイケデリック・ソウル)のメンバーに参加、
モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行われたエディー初ライブをサポートする。

その後、ブラザースブラザース ジョンソン、Always Thereのヒットで知られるサイド・エフェクトのメンバーとして、LAを中心に活躍している。


1999年・「ジョイ ラブ ハピネス」をリリース。
2001年・セルフタイトル「mimi」をリリース。
2002年・全カバーアルバム「エレメンツ」をリリース。
2007年・「アティチュード」をリリース。

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。